闇金対策のイロハ

投稿日 2014年12月29日 月曜日

コメント コメント(0)

闇金業者の取り立てに悩んでいると思わず警察に通報したくなる場合があると思いますが、状況によっては門前払いをされるかもしれません。

というのも、原則的に警察は民事不介入の立場をとっているからです。

単に金利が違法だからとか、日中の督促電話や集金を止めるように願っても受け付けてはくれない可能性があります。

しかし、闇金業者による暴力などの行為により刑事事件になれば警察も出動します。

そのことはヤミ金業者も知っていますから刑事事件になるような、証拠が残るようなことは避けます。

では、対策としてどうしたらよいのでしょうか。

一番簡単で確実な方法が闇金対応の弁護士・司法書士に相談して闇金業者との交渉を依頼することです。

何よりの利点が、依頼を受けてもらえれば弁護士・司法書士から闇金業者に連絡を入れてもらえれば即日から取り立てが停止することです。

もちろん返済も停止することができます。

違法な闇金業者は表沙汰になるのを嫌いますから、法律のプロが苦手です。

依頼費用も闇金業者1件当たり5万円ほどですから闇金に支払っている金額を考えると安いもんです。

闇金対応の弁護士・司法書士はネットで探すことができますから、被害に合っている人は、いますぐ相談してみましょう。

裏金融(闇金)の被害から自分を守る方法

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。