曖昧な返答ばかりにウンザリ…。ビジネスモデルの相談についての経験

投稿日 2018年3月01日 木曜日

コメント コメント(0)

以前、エンターテイメント関連の仕事で新たなビジネスモデルを考案した際に
社内で

「法的に問題が無いのか念入りに確認する必要がある」との結論に至り、弁護士事務所に相談
を行ったという経験があります。

まず一件目に伺った弁護士事務所では、担当になったのは若い先生。回答を頂くまで3回ほど伺ったのですが
結論としては「法的に問題があるとは言えないが、全く無いとも言えない」という、どっち付かずな回答。
費用は5~6万円ほどだったと思いますが、全くの無駄に終わりました。

次に二件目ですが、インターネット関連のビジネスに強いと評判の大きな事務所。
立地も良く、設備も何やら最新式。ただ費用面が非常に高かったのですが…期待できそうなので
仕事をお願いする事になりました。

ただ打ち合わせなど含めた手間は相当掛かりました。通った回数も4~5回ほどになり、ヒアリングや
会議など、どれも非常に時間を要しました。
そして肝心の結論は、一件目と同様「問題があると言えないが、大丈夫と断定は出来ない」というところで終了に。
私たちも、これ以上調べてもらっても無駄だろうという結論に至りました。

判断するのが難しい案件だというのは分かりますが、それなら費用が掛かる前に教えてくれると良いなと感じました。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。