自分が悪い

投稿日 2018年1月09日 火曜日

コメント コメント(0)

キャッシングからの借金を月ごとに返済しています。

先月、銀行口座に入金することを忘れてしまっていました。

借りているキャッシング会社の担当者から電話があり、返済について、確認されました。

返すお金がなくて入金できなかった訳ではないことをわかっていただけるようお伝えしました。
もちろん自分が悪いんですが、遅延損害金を支払う結果になってしまいました。仕事辞めたくなったら 「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法

キャッシングはATMでも使えます。

コンビニエンスストアへ行ったその足で申込みや借り入れができるようになっているのでとても使いやすいですね。
キャッシングが利用しやすい反面、お金を借りているという気持ちが薄れがちになるかもしれません。

けれども、考えて使うことで突然の出費によるピンチも簡単に乗り越えることが可能となりますね。
世間的にはキャッシングというのはクレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、中国銀聯などがあります)会社や消費者金融、銀行などから融資をうけることです。

無担保ですし、お金を返す方法もあまたの種類があって利便性が高いので、使う人がだんだんと増えています。

どのような理由でも融資をしてくれますから、突然お金が必要になった時には使えるでしょう。

借金をする時の注意点は返済するのを引き延ばさないで下さい。
もし、延滞してしまった場合、払うべき額の他に遅延損害金を払わされる羽目に陥ります。
督促の文書などに応じないと、法を犯した人間として裁かれるでしょう。

返済義務を怠ってしまったら、返すのが遅れただけだと弁明して、なんとか金策に走りましょう。
安易にキャッシングをするのは辞めた方がよいでしょう。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。