住宅ローンで一発勝負をするよりも事前の確認を

投稿日 2017年8月12日 土曜日

コメント コメント(0)

住宅ローンを組もうとする時ってある程度契約や購入の話が進んでからといったケースがほとんどですが、高額ローンを銀行や信金などに申し込む前に信用情報を事前に確認することをおすすめします。

信用情報開示役所といえば、決定の滞納や破綻歴などがある顧客の伝言が登録されたブラックリストで冠が通っていますが、元来ブラックリストはありません。

信用情報開示役所は顧客のポジションや、クレジット履歴といった様々な伝言の保管や防止業務が主な就業となります。

クレジットカード顧客は100百分率登録されることになります。

何故なら契約の際に、その旨において協定に書いてあって自動的に認めざるを得ないようになってあることが多いためです。

信用情報開示役所は経済法人の伝言を集めて管理している先なんですね。

現在の信用情報開示役所は全部で3つあります。

以前は尚更総数が多かったのですが、総数が少ないほど経済組織の利便性が上がることから統廃合がされたあらましがあります。

わずか1つにならなかった理由は、それぞれの業務間に生じる縄張り意識にあります。

一人ひとり読者の業務がちがっていたりするからです。

ひとつはサラ金関連がセンター、もうひとつはクレジットカード法人、最後は銀行及びその傘下である銀行系カード法人となっています。

一人ひとり利害相克繋がりにおける結果、基本的な伝言を分配し見合うことは無かったのですが、いわゆるブラックリスト伝言だけは不確かになりました。

弱み顧客の伝言だけは共有しておかないと、お互いの被害に繋がってしまうからです。

ですから、昔はサラ金で遅滞大難を起こしてもクレジットカードを作れたりした場合もあるのですが、今や今ではできません。

世間ではまずブラックリストに載ってしまったら、もはやもうカードを作れないと思われていますが、本当にそんなことはないです。

各信用情報開示役所の書き込み歳月には以上があって、原則として滞納歴という借入金とりまとめ歴は5世代で消滅行なう。

ただし銀行系だけは心持ちきつく、破綻に伴う官報伝言だけは10通年保持されます。

信用情報開示に事故情報があるといった他社もカードやローンを組むことができないんですね。

万が一誤った情報が載っていたら信用情報を削除する方法おしえます!のように不要データは削除することも可能です。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。