年代別お金の使い方のすすめ

投稿日 2016年10月25日 火曜日

コメント コメント(0)

お金持ちといえど、世代が違えば当然違います。年代別に、おすすめのお金の使い方を見てみましょう。まだまだ体力もあり、無理もきく年代の20代は、スキルの底上げを図り、失敗を含めたさまざまな経験をするもってこいの年代です。男性でも女性でも、独身であるならば自己投資にかける時間をたっぷりとりたいものです。独身時代にスキルを身につけておくと、これからの人生に繋がる自信になります。先輩や上司から学ぶのも、20代なら素直にできますし、良いことも苦手なこともその眼で見て判断する基準を養うのも若いうちです。仕事にも慣れてきた30代になると、力の入れ具合や没頭すべきタイミングが次第に分かってきます。また、若い頃の努力の差が顕著に表れるのも30代です。視野を広げてみるために、人間関係に積極的にお金を使ってみることにしましょう。男女ともに仕事の話ができる仲間を大切にするようなお金の使い方が望ましいです。人脈を広げるのは30代が最適です。家を買ったり、企業を考えたりし始めるのもだいたいこの年代が多く、長期スパンでの計画的なお金の使い方を考えていきましょう。フィナンシャル系のセミナーで学ぶのもおススメです。しかしその場合は、銀行や証券会社などが主催の無料のフィナンシャルセミナーですと、主催者側の思惑が入り不安が煽られることも考えられます。できるだけ有料のものを選ぶと良いでしょう。また女性であれば結婚や子育ての時期を過ごす人もあるかと思いますが、何もビジネスの場にいることだけが人間関係ではありません。仕事をする夫を支えたり、健全に子どもを育てたりすることも立派な自分のスキルアップに繋がります。その経験が将来どんなことに役立つのか、未知の可能性があるので、より自分の感受性を高めるための投資は惜しまないようにしましょう。経験を積み、精神的にも落ち着きの出てきた40代の人は、これまでのことを振り返りしっかりと地に足を着けて熟考する時期に入ります。また、子どもが大きくなり教育資金の出費が多くなる時期ですので、大きな投資はできなくはなりますが、そこをいかにして乗り越えていくか、これまで培った経験がモノを言います。計画的に、かかる費用を計算し効率よく貯める、または稼ぐことを考えましょう。起業するならば、リスクよりリターンに照準を合わせると、うまくいきます。「失敗したらどうしよう」とばかり考える人は経営者にはむきません。「失敗してもまたやり直せる」のが40代です。知らないものに出会ったとき、面白そうと思える感性を持ち続けるために、積極的に未知の分野の人と交流を持つようにしましょう。http://cashing-college.net/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。