悪質業者の見分け方

投稿日 2016年1月15日 金曜日

コメント コメント(0)

どこでも、借りれができなくなってしまいますと、正常な判断ができなくなってしまいますから、つい悪徳業者と分からずに手を出してしまいますね。悪徳業者の手口はいろいろありますが、いま問題になっている「振り込め詐欺」と同じような手口で、実に巧妙な手口を使い、消費者をだまそうとしますから気を付けなければなんりません。

悪質業者の誘い文句は、以下のような言葉多いですから注意しましょう。
無条件融資・50万円まで無審査・自己破産・ブラックOK・リセットOK・必ず貸します・希望額OK・100%満足・借りやすさNO.1・審査基準が大幅ダウン・高金利でお困りの方・年金担保でOK・多額借入中の方・失業中の方・多重債務者歓迎・多重債務一本化などの言葉や、金利の表示不明確な場合があります。
たとえば、「100万円まで実質年率0.9%~」など、上限の金利が書いてない場合、
1日あたりわずか1.1%の金利とあったりしますが、1か月で31%の金利となりますから、手を出したらとんでもないことになりますね。「自分は絶対に騙されないぞ」と思っている方でも、すでに消費者金融から借入金があり、返済の最速が結構厳しい場合は、理性のある正しい判断ができなくなっていますから、そのような悪徳業者につかまってしまうのです。
もし、少しでも悪質業者ではないかと疑いを持ったら、自分で解決しようとしても無理ですから、金融関係の救済機関に成るべく早く相談をすれば、傷口が大きくならないうちに解決できる可能性がありますので、すぐに相談するといいでしょう。。
法人向けのETC専用カードの申し込み方法とお得な割引制度

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。